パラダイムシフトニュース

くらげをメインにした山形にある世界一の水族館と他のくらげ水族館!

      2015/08/20

くらげ山形

出典:http://www.pref.yamagata.jp/ou/somu/020020/03/mailmag/series/manpo/kamo.html

子供の頃から結構水族館が好きなのですが、探してみるとおもしろい水族館ってたくさんあるんですね。

今回はくらげの展示が世界一である山形にある鶴岡市立加茂水族館の特集です。

地方創生というキーワードとうまくリンクする水族館ではないでしょうか?

またシルバーウィークの旅行地のひとつとして考えてみてはどうでしょうか。

九州内のイベントのシルバーウィーク情報は下記の記事を参考にしてみてください。

『2015シルバーウィーク九州(福岡、佐賀、長崎)のイベント特集』

スポンサードリンク

加茂水族館とは???

所在地:山形県鶴岡市今泉字大久保657-1

アクセス:鶴岡駅より加茂経由・湯野浜温泉行きバスに乗車し「加茂水族館」下車すぐ

愛称:クラゲドリーム館

加茂水族館は元々山形唯一の小さな水族館だったようです。

1997年には隣県に水族館ができたことで入場者数も9万人となり閉館の危機を迎えます。

しかし、1999年頃よりクラゲに注力した展示がヒットし入場者数も回復し、2005年にはくらげ展示数世界一となり、2012年にはギネス認定も受けています。

そして2012年の入場者数はなんと27万人です。そうです、3倍にも増えているんです。素晴らしいですね。

地方創生の見本のような場所だと思います。

2014年6月には新館を建設し、展示スペースは2倍になっています。

入場者数も相当数増えたんじゃないでしょうか。

 

 

見所は???

 

 

出典:http://www.pref.yamagata.jp/ou/somu/020020/03/mailmag/series/manpo/kamo.html
まずは外観です。まだ新装してそんなに時間も経っていませんし、フォルムもおしゃれです。
意外と屋上もいい感じです。
出典:http://www.pref.yamagata.jp/ou/somu/020020/03/mailmag/series/manpo/kamo.html
そしておすすめはクラネタリウムです。
スポンサードリンク
他には以下のものもあります。
  • くらげ栽培センター
  • くらげドリームシアター
  • アシカショー

 

簡単にまとめちゃいましたが、どれも一見の価値あります。

 

特にくらげドリームシアターは、直径5mとくらげの展示水槽としては世界最大級であり、海の中にいるような気分を味わえます。

冒頭の画像になっている分です。本当に本当に幻想的という言葉に尽きます。

あとくらげ栽培センターでは、くらげの生態を学んだり、餌付けがみれたりするみたいです。

ちなみにレストランがあり、その中では、くらげ入りの食べ物があったりするようです。

 

まとめ

 

くらげをメインにした水族館って珍しいなって思ったんですが、調べてみるとくらげの展示を積極的に行っている水族館って意外

にたくさんあるんですね。

さくっと検索しただけで以下の水族館が出てきました。

新江ノ島水族館(神奈川県)

のとじま水族館(石川県)

クラゲの光アート

出典:http://www.notoaqua.jp/news/

三津シーパラダイス(静岡県)

くらげ万華鏡

出典:http://www.izuhakone.co.jp/seapara/

この夏くらげに癒やされに水族館に出掛けてみてはどうですか?

スポンサードリンク

 - エンタメ, 旅行