パラダイムシフトニュース

1日1食

      2015/07/04

前回の記事の続き、どうやって60kg台にするか…

スポンサードリンク

答えはもうタイトルに書いちゃいてますね(笑)、そうです!1日1食です!!

今までの私の30年の人生経験でやっぱり半日断食がやっぱり効果的だし体調もよくなることがよくわかってるんだよね。

そんなことを考えながら本屋さんでうろうろしてたら、、、最近1日1食ってのが流行ってるんですね。

結局7冊くらい1日1食の本を読んでみたけど、なんか体にすごいいいみたい。

私は今徐々に1日1食に移行中、そんな私が感じたメリット、デメリットを書いていきます。

1日1食のメリット

①体調がよくなる。

②体重が減る。

③時間が余る。

④お金が貯まる。

⑤睡眠時間が減る。

 

①体調がよくなる。

やってみたら分かるんですが、俺って今までどんだけ食べすぎてたんだろう?って思います。体重も軽くなるからやっぱり体は軽くなるのはもちろんなんですが、胃が空っぽだとすごい頭が働くんです、なんだか仕事もいい感じになりました。仕事中眠くなることもなくなりましたし、風邪をひくこともほぼなくなりました。本当にやってみたら分かるんですけど、パワーがみなぎるんですよ(笑)

②体重が減る。

まあこれが一番の目標なんだけど、やっぱり食事を減らしたら本当に体重は簡単に減り始める。結構びっくりするくらい痩せる。

③時間が余る。

これも本当にびっくりするくらいすることがなくなります。まず何をたべるか?ということを考えることが1/3。そして料理を作る時間、材料を買いに行く時間、コンビニに行く時間、これが全部1/3になります。

④お金が貯まる。

私は一人暮らしなんで、1食300円として、1日600円浮いちゃいます。つまり1か月で18,000円。年間で216,000円。

これ結構すごくないですか?

⑤睡眠時間が減る。

もともと私は一日8時間寝ないとやってけない、いわゆるロングスリーパーってやつでした。1日1食始めてから1日5時間くらいになって、これも③時間が余るに通じるんですが、毎日3時間余っちゃいました。一日3時間てことは、1か月で90時間、年間で1,080時間。これって、24日ですよ。24日余暇ができたら何します?

 

1日1食のデメリット

①最初がつらい

実際1日1食のデメリットってほぼないです。ただ、ひとつ挙げるとすれば最初が本当につらい。

それを乗り越える方法とかを次の記事に書いていこうと思います。

スポンサードリンク

 - ダイエット